ONE DAY INTERVIEW

ファンドマネージャーの
1日密着取材

皆さんが投資したお金がどのように運用されるのか?
投資信託を取り巻く人達へのインタビューを通じて、見てみましょう!まずは、皆さんから預かったお金をどの企業に投資するのか?を考える、投資信託になくてはならない役割であるファンドマネージャーについて取り上げます。
「ファンドマネージャー」=「株価が上がりそうな企業を予想して、お客さまから預かったお金を投資する人??」。
なんとなくイメージはわくけれど、普段どういう仕事をしているんだろう・・・
そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
そこで、mattoco専用ファンド(投資信託)の「これぞ、日本株」を運用している内田ファンドマネージャーにmattocoキャラクターのクロコが丸1日密着してみました!体当たり取材の結果やいかに・・・?

ファンドマネージャー 野崎 始氏

:

出社・ファンドマネージャーの朝は早い!

  1. おはようございます!本日はよろしくお願いします!
    それにしても、朝が早いよ~

  2. おはようございます。
    一般の企業からすると会社に早く来ているように感じられるかもしれませんが、日本の株式市場は午前9時から開くため、それまでにしなければならないことが多く、そこまで早いとはあまり感じないですね。

  3. たとえばどんなコトをしているんですか?

  4. まず、基本的なことですが、新聞各紙をチェックし、株価に影響を与えそうなニュースやネタがないか確認します。国内のニュースだけでなく、海外のニュースが株価に影響を与えることも多いため、前日の世界の市場の動きや政治・経済の情報も入念にチェックします。

    それから、投資している企業などの情報を入手するため、証券会社のアナリスト(企業分析している人)と電話し、最新情報の交換も積極的に行います。
    あとは、担当ファンドのポートフォリオ(投資している銘柄の組み合わせ状況)を確認し、当日に買ったり売ったりする銘柄や数量を決め、トレード(取引)の担当者に注文を伝えます。

  • 新聞記事のチェック

    ポイントになりそうなことはしっかりメモに

  • 朝から情報収集

    7時台でも普通に電話しています

:

  1. ほんとうに朝からやることが多いなあ・・・
    あれ?みんな席を立って・・・ドコに行くのかな?

  2. いまから朝の会議が始まります。一緒に来ませんか?

  3. は、はい!みなさんの熱く議論をしてるトコ、見てみたい!

  • チームメンバーとの朝会

    他のファンドマネージャーとの情報交換

  • 真剣なまなざし・・・時には熱い議論も

  1. 今日は小売業界や運輸業界の話がたくさん出ていましたね。
    業界や企業の動向がよくわかりました!
    でも内田さんは今日はあまり話していなかったような・・・

  2. 当社では、日本株を担当するファンドマネージャーが、ひとりですべての業種や銘柄について調べているわけではありません。それぞれに担当している業種があり、チームで役割分担しています。朝会はみんなが集めてきた情報を共有する場でもあるんですよ。

:

さあ取引開始!あれ?株価を見て・・・ない?

  1. 今日の市場が始まるトコ!投資している企業の株価がどんな動きになるのか気になります!
    たくさんの画面に囲まれてるトコを見てみたいな!

    ・・・あれ?画面が多くない!!!株価は見ないのですか?

  2. 出した注文の執行状況もあわせてマーケットの動きをチェックすることもありますが、基本的にはパソコンの前に張り付いて株価を見ているわけではありません。
    1日の株価推移を確認することが必要ないということではないのですが、それよりも・・・

  3. それよりも?

  4. ファンドマネージャーとして、中長期で良いパフォーマンスをあげることが使命だと思っており、そのためには投資する企業のことをとことんまで知ることの方が大切だと思っています。
    なので、デスクにいる時間では企業の過去の業績確認や、予想数値を作成するときに必要な要因の特定、競合情報などのインプット作業を行っています。
    今日はこのあと10時からある企業に訪問するので、これからその「予習」をします。ちょっと待っていてくださいね。

  • 企業訪問

    「予習」をもとに、社長さんに対して聞きにくいこともビシッと聞きます!

  1. おつかれさまでした!かなり突っ込んだ質問もされていましたね(笑)
    トコロで、これは必ず聞く、という質問はあるのですか?

  2. 基本的には、足下の業績に加え、中長期的な展望は聞くようにしています。足下の業績では、しっかりと計画(予想)通りの実績を出しているか。また、来期以降はどのような展望を持っているのかをヒアリングしています。
    さらに、取材相手となる企業だけでなく、その競合相手や同業他社の状況についても聞くことで、さらなる投資機会も見つけられるよう努めています。

:

午後も企業訪問!1年間の訪問企業は2,380社!

  1. 午後も企業を訪問するんですね!
    今回は、「決算説明会」・・・午前中の企業訪問との違うトコは何ですか?

  2. 企業訪問にもいろいろあって、午前中のように企業の経営陣にアポイントを取り、直接訪問していろいろとヒアリングすることもあれば、これから行く決算説明会のように、企業主催で各社のファンドマネージャーやアナリストが集められ、今期の業績、今後の見通しについて企業のトップやIR(投資家向け広報)担当者から説明を受ける場もあります。
    今日はこれから、2社の決算説明会を「はしご」しますよ。

  • 決算説明会

    説明内容に対して質問することも!

  1. 今日1日で3件の企業訪問お疲れ様でした!
    朝からもうクタクタです・・・
    毎日こんなに企業を訪問されるんですか?

  2. 1日の訪問件数は多い日、少ない日があるので一概には言えませんが、多い日は朝から5件まわるときもあります。
    年間ベースで言うと、私が所属している国内第1グループでは、2018年は合計約2,380件でした。
    チームメンバー8人で業種担当を決め、全業種をカバーする体制にしています。

  3. 2,380件!そんなにたくさん・・・
    やっぱり企業訪問は大切ですか?

  4. 投資している、投資しようとする企業のことを知るためには、「百聞は一見にしかず」で、実際に経営者に会って話を聞く、工場を見学するなどして、自分でしか知り得ない情報を足で稼ぐことが大切だと考えています。

:

帰社~アウトプットの時間

  1. やっと会社に戻ってきたトコ~
    会社を出たのが遠い昔のような気も・・・

  2. まだまだこれから、今日のまとめのレポート作成と、それに加えて担当ファンドの月次レポートのコメントを書きますよ。

  3. 月次レポートのコメントも書いているんですね!

  4. 月次レポートはファンドを保有してくださっているお客さまにファンドの中身やファンドマネージャーの考えをお伝えすることのできる大切なツールです。ですから、ファンドマネージャーとして、担当ファンドの月次レポートはしっかりと自分の言葉でコメントを書いています。最近では、弊社の月次レポートに担当ファンドマネージャーの名前が入るようになりました。これまで以上に、直接お客さまに伝えていることを意識して、丁寧にわかりやすく書く、という想いが強くなりました。

  • レポート作成

    自分の言葉で書いています!

  • 担当ファンドのパフォーマンス確認

    特別なことが起こっていないかチェック

  1. 明日の予定や企業のスケジュールもチェックしたし、キリがいいところで、今日はここまでにしましょう!
    1日お疲れさまでした!

※あくまでもイメージであり、決算時期前後に当たるかどうかの事情により異なる場合があります。ご参考になれば幸いです。
なお、部署名等は2019年3月末時点のものです。