取扱商品一覧

  • できるだけコストを安く抑えたい!
    『eMAXIS Slim』は、業界最低水準の運用コスト*1を目指し続けるシリーズです。
    これまで複数回にわたり運用コストを引き下げており、そのような姿勢が評価され、 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」にて『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』が 第1位 に輝くなど、eMAXIS Slimシリーズ全体では7本の受賞となりました!(表彰された20ファンド中)
    日経CNBCの「朝エクスプレス」で紹介されました。[2019/3/7]
    このカテゴリーのファンドを見る

    基準日: -

    ファンド名

    基準価額
    (円)

    前日比 (円) (%)

    解約価額
    (円)

    • 長期投資におすすめのファンドを選びたい!
      『eMAXIS 最適化バランス』シリーズは、1本で国内外の株式や債券・リート等の資産に分散投資し、数千銘柄以上に投資できます。5ファンドすべてが「つみたてNISA」の対象商品です。
      eMAXIS 最適化バランスはアフターフォローも充実!
      このカテゴリーのファンドを見る

      基準日: -

      ファンド名

      基準価額
      (円)

      前日比 (円) (%)

      解約価額
      (円)

      • mattocoオリジナルの商品を選びたい!
        三菱UFJ国際投信において長期の投資経験を有する運用チームが、mattocoオリジナルの商品としてお届けいたします。
        ファンドマネージャーって何をしているんだろう?(クロコのとつげき!1日体験取材!)
        このカテゴリーのファンドを見る

        基準日: -

        ファンド名

        基準価額
        (円)

        前日比 (円) (%)

        解約価額
        (円)

        基準日: -

        ファンド名

        基準価額
        (円)

        前日比 (円) (%)

        解約価額
        (円)

          • <eMAXIS Slimシリーズ>
            ※1 業界の対象範囲:ETF・DCを除く公募追加型株式投信
            他社類似ファンドが信託報酬率の引き下げを行った場合、業界最低水準ではない期間が存在する旨、ご留意ください。他社類似ファンドが信託報酬率の引き下げを行った場合、当ファンドの信託報酬率も引き下げ、業界最低水準にすることをめざしますが、これを実現することを保証するものではありません。
            注)「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」は、投信ブロガーの投票を運営委員会が集計したランキングです(投票者数:241名)。投票期間:2018年11月1日~11月30日。投票対象:2018年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なもの。将来の運用成果等を保証したものではありません。
          • ファンドの騰落率と実際の投資者利回りとは異なります。
          • 前日比は前営業日との比較です。
          • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しております。
          • 上記は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。運用状況によっては分配金が支払われない場合があります。
          • 基準価額は1万口当たりです。